過払い請求

過払い請求でお金は返ってくるのか

過払い請求とはグレーゾーン金利分の返還を求めるもの

過払い請求とは払い過ぎた利息分の返還を求めるものです。払い過ぎた利息とはグレーゾーンの金利のことを指し、現在の貸金業法が改正される前に出資法を上限金利として貸し付けていた利用分のことが該当します。現在の金利はどのカードローンであっても利息制限法での貸付です。しかし、法律が改正される前はみなし弁済の規定を条件に出資法も可能としており、実質、金利体系として利息制限法と出資法の二つの法律が混在していました。貸付は利息制限法であるものの、先のみなし弁済の規定から可能とされていたことから白黒つかないグレーゾーンと呼ばれていたのです。過払い請求とは二つの法律の金利差の返還請求ですが、誰もが該当するものではなく、完済した方を含めて出資法での高金利での融資を利用していた場合です。過払い請求は時効があり、完済した日から10年を超えると請求権は消滅します。改正貸金業法の完全施行から時間が経ち、請求のタイムリミットも迫っているのも現実です。過去に過払い請求をした事があるから今度は家族にバレるとダメだ!という人はお金借りたいハピネス|土日祝・夜でも即日融資OKキャッシングでコッソリ&素早く次の借入を検討しましょう!でも今度は無茶な借入はだめですよ!

過払い請求が終わるまでの期間

過払い請求の手続きが完了してお金が無事に返還されるまでの期間は、自分で手続きを行うのか、弁護士などの専門家に依頼するのかで違ってきます。基本的には弁護士事務所などに依頼した方が過払い請求の手続きはスピーディーに進みますし、金融会社への対応もスムーズです。ただし、依頼した弁護士事務所に十分な人員が確保されておらず順番待ちの状態なら、自分で手続きを行った方が短い期間で終了する可能性もあります。自分で手続きを行う場合、利息制限法に基づいた再計算が面倒であったり、金融会社とのやりとりが難しいケースもありますが、報酬を支払わなくて済む分手元に残るお金が多くなります。金融会社側の対応によってもかかる期間が変わってきます。最近では過払い請求をする人が増えていますので、急激に台所事情が悪化している会社も多いようです。そのため、資金不足から対応が遅れるケースもあり、回収できないうちに倒産してしまうケースもあります。

過払い請求の2つの方法がある

2006年までに貸金業者から借金をしたっ場合、払い過ぎているお金が返ってくることがあります。お金を取り戻すことを過払い請求といい、2つの方法で行うことができます。ひとつは弁護士や司法書士に依頼すること、ふたつめは自分で過払い請求をする方法になります。弁護士や司法書士に依頼したほうが、確実で面倒な交渉などをすべて引き受けてくれますが、何よりも費用が掛かるというデメリットがあります。また過払い請求自体が、個人でできることから個人で請求する人も多くいます。方法としては、貸金業者に取引履歴を請求し、過払い金を計算し直します。ここで直接貸金業者と交渉をして、決着がつくことがありますが、戻ってくる金額は低い、また誠意が見られない場合は裁判所に訴訟します。個人の過払い請求を指南するサイトや訴訟に関する書類の作り方の雛型などネットで手に入れることができますので、決してひとりではできないことではありません。ただ貸金業者も法務担当がありますので、特別な知識があった方が良いでしょう。

プロミスで過払い請求をする方法とは

高金利のころにプロミスで借りていた方は、過払い金が発生している可能性があります。現在は利息制限法により上限金利は20.0%となっており、それを超える金利で借りていた場合は、グレーゾーン金利分の利息を支払いすぎています。具体的にどの程度過払いが発生しているかは、自分で調べるのは容易ではありません。プロミスに連絡しても教えてくれないことが多いので、弁護士に相談して過払い金の算出をしてもらいましょう。過払いが発生している場合は、速やかに過払い請求を始める必要があります。過払い請求で注意したいことは、すぐにアクションを起こさないと損をする可能性が高いことです。プロミスなどの大手消費者金融は比較的安心ですが、運営状況の好ましくない業者ですと、過払い請求をする前に倒産してしまうケースもあります。倒産した場合は全額回収は不可能となり、最悪のケースでは1円も取り戻すことができません。過払い金は支払う必要のない自分のお金なので、法的な手続きを踏んで回収しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ